かれこれ5,6年前になるか、まだ大学生の頃。 
夏休みのある日、突然に思い立ってツレと後輩を誘って”12時間で房総半島一周ドライブ”をやってみた。 

そもそも思いついたのが17時くらいで、ツレの家まで行ったらもう19時近かった気がする。 
そんなわけで最初の目的地の犬吠埼についたのが22時過ぎ、適当に灯台付近をぶらついて夜の海を見たり、都心と違う夜空にあれやこれやと言いながら3人で騒いでた。 

まだまだ当初の目的には程遠いので程なく運転を再開して、0時頃に普段の生活サイクルからか後輩が後席で沈没。 
「なんだよ話し相手が減っちまったよ」とか言いながらも、寝ちまったんじゃしょうがないって後輩を起こさないように段々とおしゃべりも少し控えめにしていった。
二人ともしばらく黙ったままそれから30分くらい経って、あるトンネルに差し掛かった時、 
不意にツレが「今、入り口のところに首の無い地蔵が立ってなかった?」と、急に言いやがった。 
自分も思い返しながら、「そうかなぁ、有ったら気づくと思う…けど……」と言った。 

この時、自分で上の台詞を口に出してる途中で、なんか怪しい雰囲気を感じたのを覚えている。 
覚えているのは、目で周囲を確認した時に壁面(コンクリと思われる)がなぜか凸凹していたこと、普通のトンネルよりも薄暗かった(電灯の間隔が広かった?)ことぐらい。 

そして、上の台詞を言い終わった直後に、後ろから白衣の鬼婆が追いかけてくるイメージ(陳腐だろうけど滅茶苦茶怖かった)を強烈に感じてアクセルを踏み込んだ。 
「やばい、逃げる!」と俺が言うと、ツレも同時に「逃げろ!」と言い返してきた。 
(ツレはトンネルが崩落してくるイメージを感じたらしい…) 

それまでは時速60km/hぐらいのダルダル運転だったけど、一気に100km/h近くまで急加速して15分くらい走った。 
そしてコンビニを見つけたので、お互いに「怖かったけど気のせいだよな、あはははー」的な会話をしようと駐車場に車を入れた。 

だけど、全然追いかけられてるイメージが消えない! 
むしろ、背中をシートから離せない! 
結局二人とも車から降りれず、逃げるようにさらに南下を続けた。
その後……… 
車内に有ったお守りや御神籤を握り締め、知る限りの神様仏様にすがりながらヤケクソで南無妙法蓮華経~♪と二人でわめきながら3時間くらい車をぶっ飛ばし続けた。 
途中で急激な方向転換をしてみたり、似た車が後ろから来た時にわざと追い越させて「あっちにくっつけ~」と念じて見たりとかしたら少し楽になった。 
でも、猫の轢死体を2回見て、見たたんびにまた怖くなった。 

最後に房総半島一周を諦めて、木更津から海ほたるまで渡ったらやっと安心してシートから離れる事が出来た。 


今でも時々ツレと会うとこの話しがでて、その度に「今度確かめに行こうぜ~」とか言うのだけど、 
正直怖くて無理! 
なので、知っていればこれだけでも教えて欲しい。 

Q:本当に首の無い地蔵は有ったのか? 

憶えている情報: 
このコンビニが鴨○シー○ールドの近くのだった事は憶えている。 
基本的に大き目の通りを選んで走っていたので、裏道などは通っていない。 
トンネルを抜けてから別のトンネルを通ったかは憶えていない。 
どうやら付近に”○○○ころがし”という地名があり心霊スポットのようだ。