俺の中学校は、通学路とは別に近道があった。 
かなり複雑な道で、千切れた鉄条網、膝ぐらいまである草、地面のぬかるみ・・・ 
だが、10分は短縮できたので、いつもそこから行っていた。 

中二の冬だったかな。帰り道だった。 
千切れた鉄条網をくぐろうとしてはっと横を見たら、 
10mくらい先の地面にポッカリと穴が開いていた。 
そこから見ても分かるぐらいだから、近付くとやっぱり結構大きかった。 
幅1mくらい、深さは2mくらいだった。 
勿論、朝にこの場所を通った時はそんな穴など無く・・・ 

穴の中をよくのぞくと、土に塗れた小さな人形があった。 
足は片方折れていて無かったが、顔は何故かやけに綺麗。 
角度を変えてもっと見ようとして、あることに気付いた。 
穴の側面、つまり穴の横側にもう一つ穴があったのだ。 
どうしよう、気になるなあ・・・と思い、 
降りて行ってやろうと決め、身を屈めた瞬間、 
側面の穴から何か飛び出てきた。 

折れた人形の足だった。 

汚い土の色に、綺麗な肌色がよく映えていた。 
??と思って穴をよく目を凝らしてみると、 
ゴソゴソと何かが動いていた。 

穴の中に誰かいるんだ
気付いて間もなく、あの汚い人形の本体(足が折れたやつね)が、 
ずるずると穴の方へと動いていった。糸でもつけていたのだろうか、 
奇妙な動きで穴の方へと向かった行った。 

もう一言も出さずに帰ったけど、そこに筆箱を落としていた事に、 
家に帰ったときに気付いた。次の日、行くのはめちゃくちゃ嫌だったが、 
だからといっていかないわけにも行かなかった。 
あの穴はまだ残っていて、なるべく見ないように探したんだけど筆箱は見つからない。 
まさか、と思って穴に恐る恐る近付いてみたら、 
やっぱり、穴の底に筆箱が落ちていた。 

昨日の人形の足もそのままだ。でも人形の本体の方は無かった。 
どうしよう、どうしようと思っていたら、 
奇妙な動きで筆箱が穴へと引き摺られて行った。 

やっぱり、側面の穴からはゴソゴソ音がしていた。 

そこから足早に立ち去り、二度と行かない決心をした。 
新しい筆箱はもちろん、中身も全部新しいのを買った。 
俺は中学三年から、遠回りしてでもちゃんとした道を通うようになった。