小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら
痩せてガリガリの子猫が庭にいた。

両親にせがんで家に連れて帰った。

思い切り可愛がった。

猫は太って元気になり、
小学生の私を途中まで迎えに来てくれるようになった。

いつも一緒に帰っていたけれど、
六年生の林間学校に泊りがけで行っているときに
車に轢かれて死んでしまった。

もう、猫は飼わないと思った。

年月が過ぎ、私は就職して三交バスで通勤をするようになった。

仕事がうまくいかず、
やめようかどうしようか迷っていた。

バスを降りるといつも我慢していた仕事の悩みが噴出して
泣きながら暗い夜道を歩いていた。

そんなある日、バスをおりて歩いていると、
少し先に白い猫がいた。

その猫は振り返りながら距離をとりながら私の前を歩く。

坂を上がり、いくつもの曲がり道を曲がって行く。

私の家に向かって。

家の前に出る最後の曲がり角を曲がるとその猫の姿はなかった。

数日そうやって猫に先導されるように家に帰る毎日が過ぎた。

ある日、いつものように待っていてくれる猫を見て気が付いた。
しっぽをぱたん、ぱたんとゆっくり上げて下ろす仕草。

小学生の時に飼っていた猫と同じ。

思わず猫の名を呼んだ。

振り返った猫は一声鳴いて、また家に向かって歩いた。

涙が出てしかたがなかった。

心配して出てきてくれたんだね、ありがとう、ごめんね。

大丈夫だから、もう、安心しているべき所に帰ってね……。

後ろ姿に向かってつぶやいた。

最後の曲がり角を曲がる前に猫は振り返った。

近づいて撫でたかったけど、
近寄ったら消えてしまいそうで、もう一度つぶやいた。

ありがとうね、大丈夫だからね。

そして、猫は曲がり角をまがった。

なぜかふと、後ろが気になって振り返ると
白い小さな塊がふっと消えて行く所だった。

そこは林間学校に行って帰らない私を待ち続けて
猫が車に轢かれた場所だった。