洒落にならないほど怖い話ではないですが。

実体験です。
中学生の夏休みの深夜でした。
私は夜更かししてゲームの攻略本読んでました。
状況の記憶が漠然としてるのに、読んでた本をハッキリ覚えてるのが不思議なんですが、
ちょっと前にⅣが出た某大型RPGの1作目です。(仲間になるキャラが多いのが特徴なゲーム)

私は攻略本の後ろのキャラの解説のページを見てました。

ページの構成は、1ページが2段に分かれていて上と下にキャラの解説と製作者のコメントが書いてある
といったものでした。記憶に間違いが無ければ。
(わかりにくい説明ですみません)

熱帯夜なのに冷房をかけないで、とにかく暑かったんですが、
ゲームにハマっていた私は、熱中して解説を何回も読みかえしてました。

深夜3時回ったぐらいに(これも曖昧ですが)親が起きてくる気配を感じたんで、
ちょっと目を離したんです。
当時は親に夜更かししてるの見つかったら怒鳴られて叩かれたもので、内心ビクビクモノで気配を殺していました。
親はトイレでした。トイレから戻って寝付くのをドア越しの気配で確認して、
ホッとした私は本に目を戻しました。

その間5分もなかったでしょう。

解説ページの一番最初、主人公の解説のコメントの文章が前と違ってるんです。
おかしいのが、あれ?文違ってる????えぇぇぇぇ????って思ったんですが、
どこがどう違うのかわからなかったんです。直前に読んだ文章が思い出せないんですよ。

何て表現するのが適切かわかりませんが、ぬるううっとした気持ち悪さを覚えて、速攻で親の部屋で寝ました・・・。
今から思えば、キツネに化かされたらああいう気持ちなんだろうな~って思います。

夏の暑さで幻覚見たのか、単なる勘違いなのかはわかりません。

怖さは感じませんでしたが、いまだに不思議です。

ずーっと忘れてたんですが、最近になって思い出したんで書きました。