金曜日の夜に、明日土曜日なので、仕事のキリを良くしたいと思い、少し残業 
しばらく仕事をしていると 携帯電話がなった。 
友人からで、今日暇か?という内容でした。 何気に時計をみると、11時を少し過ぎて 
おり、あぁまだ会社だから帰るの12時過ぎるわと返事。 

終電も近いこと事があり、さっさと片付けて、帰宅することに。 
社内には私しか残っておらず、戸締りをして部屋から退出。 
ビルのセキュリティ上、夜22時を過ぎると通常エレベーターが停止するので、貨物用エレベーターで 
地下に向かい警備室でチェックアウトし非常口から 退館 
貨物用エレベーターの↓を押し、薄暗い廊下で、上がってくるランプを見つめていました 
ポーン 少し古びた貨物用エレベータは、少し引っかかるようにゆっくり開きました。 
B1のボタン、次に閉のボタンを押し エレベーターの壁に少し寄りかかると、、 
閉まり始めたドアが、ガガッ ドアが開きなおしました 
あぁ ぼろいエレベーターだなぁと再び、閉のボタン ガガッ 再びドアが開きました 
あぁぁ?なんじゃ? ふっ 足元をみると、 ドアの間に上向きで、ものすごくうれしそうな 
顔の黒髪の女がこっちをじっと見ていました。 
一瞬 理解ができず、目がばっちりあった状態で固まっていると、首だけが、ズリュとすこしだけ 
のびて、まるでエレベータの中に入ってこようとしてる・・・ 

恐怖のあまり思いっきり踏みつけると、ダァァンと金属音、エレベータの扉はしまり 
静かにB1に。。。 

あしたから会社にいくのが、いやです。。。