ある男が、長い壁のある通りを歩いていると
「13、13、13、13…」
と言う複数の人間の声が聞こえてきた。
男がふと気になり壁を見てみると、壁にはいくつか中をのぞける程度の小さな穴が開いている。
その穴の一つを男が覗き込んだ瞬間、穴から人間の指が出てきて男の目をつついた。
その後、声は
「14、14、14、14…」
に変わる。